20thシングル「シンクロニシティ」 - 乃木坂46 音と映像の美学
FC2ブログ

シュレーディンガーの猫 |「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /28 2018
更新日:2018年 4月 28日 (土)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいと思います。

まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
監督:池田一真
振付師:Seishiro

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

当サイトは、シンクロニシティMV解説を分割して、追記を加えたサイトです。


9.jpg



観測する過程が見たいのに、その観察結果が見れないという矛盾を抱えた実験であるシュレーディンガーの猫の実験ですが、全ての万物は誰かが観測しなければ、あるいは自分が観測するまで本当にそれが起こっているのかはわかりません。

シュレーディンガーの猫に関してはこちら
シュレーディンガーの猫 - Wikipedia

3:55秒の場面この場面を見てそんな風に筆者は考えました。
一番先頭に立たされた人間にとって、後ろが全員踊っていない可能性があるのです。あなたがもし、不安を抱えやすい性格ならば、後ろに立っている人間は全員後ろを向いていると脳内で認識してしまうでしょう。この場面で表している表現は「不安」だと思います。

実際、センターで踊っている人間に対して周りのメンバーがどのような振る舞いを後ろでしているかを確認することはできません。複数人いる舞台上で、ある種「孤独」を感じるのです。

この場面で、全員後ろを向いていますが、白石さんと他のメンバーの空間には確かめようのない、可能性だけが常に存在しています。白石さんからしたら、後ろのメンバーが後ろを向いている可能性もありますし、前を見ている可能性もありますし、白石さん自身を見ている可能性があります。
逆にメンバーからしたら、白石さんが前を向いたままの可能性もありますし、同じように後ろを向いている可能性もあります。確かめないようのない「不安」が常に潜んでいます。この場面は、初期の生駒さんの不安な感情を表現しているのだと思います。
常に先頭に立っていた生駒さんにとって後ろがどうなっているのかわからない「不安」と戦いながら、確かめようのない「不安」は孤独だったと思います。

この「不安」を乗り越えたからこそ今の生駒さんが、周りに流されず正しい選択のできる生駒さんがいるのだと個人的に推測しています。そして、実際生駒さんのダンスは若干テンポが速いのはそれが一つの要因なのかもしれません。








スポンサーサイト



生駒さんの投影 |「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /26 2018
更新日:2018年 4月 26日 (木)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいと思います。

まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
監督:池田一真
振付師:Seishiro

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

当サイトは、シンクロニシティMV解説を分割して、追記を加えたサイトです。


8.jpg


20枚目シングルの「シンクロニシティ」は生駒さんの最後の表題参加曲であります。ポジションもセンターの真後ろを陣取っており、ソロで目立つところのダンスであったり、メインボーカルとして飛び出すところもありますね。まさに楽曲の裏センターです。
生駒さんは乃木坂への貢献度が高かっただけに、卒業センターとしての資格があったと思うのですが、断ったそうで卒業の仕方もかっこいいですね。個人的に生駒さんは何か達観しているところがあるので、この形が違うのではないかということをして、結果としてうまくいくことがとても多いので、この答えもきっと正解な形だと信じています。
AKBへの兼任など、周りに批判されながら結果的にうまくいくことが多い印象です。

今作のセンターは白石さんですが、この白石さんの役が初期の生駒さんの投影ではないかと個人的に感じています。例えば、”すれ違う見ず知らずの人よ”の歌詞のところで、白石さんがキョロしていますが、初期の生駒さんに批判が集まっていたことを表現していたと思います。お茶の間やファンの方々には知り得ない事情で、批判をされていた時のことを表現していると思います。

また、サビまでは集団の中から白石さんだけ前に突き出されたような表現をしますが、ここでは、不本意ながらセンターに祭り上げられてしまった過去の生駒さんのことの表現の一つだと思います。

その後、白石さんが後ろにいるメンバーを見たり、周りの踊っているメンバーを愕然と見ていると言う描写ありますよね。ここも、初期の生駒さんのことを形容しているように感じました。





徐々に一つになっていくメンバー |「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /26 2018
更新日:2018年 4月 26日 (木)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいと思います。

まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
監督:池田一真
振付師:Seishiro

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。
乃木坂46以外のミュージシャンのPVやMVで使用されているものとしては、米津玄師さんの「Lemon」、宇多田ヒカルさんの「Forevermore」、大橋トリオさんの「東京ピエロ」など使用される機会が増えてきました。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

当サイトは、シンクロニシティMV解説を分割して、追記を加えたサイトです。


7.jpg


MVが始まった最初の段階では、一人一人で様々な仕草を見せています。実際にみんな別々の方向を向いて違うことをしています。実際、ここで表現したいことも初期のみんながバラバラになって、個として活動しているということを表現していると推測できます。

しかし、keep goingのところで画面の情景が一変します。11人のメンバーが、一斉に中心に集まって、踊り始めます。
さらに、1回目のkeep goingよりも2回目のkeep goingの方が多くのメンバーが踊っているメンバーの方に目を向けています。

これは、徐々にメンバーが一つにまとまっていくというグループの歴史を表していると、筆者は感じています。

その後、白石さんが周りを見たり、後ろを振り返っているという周りのメンバーをみるという仕草がMVの中にもいくつかあります。「シンクロニシティ」の題名の通り、複数あった歯車がうまく噛み合っているように表現されています。





「憧れ」を感じさせる一幕 |「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /26 2018
更新日:2018年 4月 26日 (木)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいとお思います。
そのため、その解釈は間違えだと感じたら、無視していただいて構いません。

まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
監督:池田一真
振付師:Seishiro

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。
乃木坂46以外のミュージシャンのPVやMVで使用されているものとしては、米津玄師さんの「Lemon」、宇多田ヒカルさんの「Forevermore」、大橋トリオさんの「東京ピエロ」など使用される機会が増えてきました。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

当サイトは、シンクロニシティMV解説を分割して、追記を加えたサイトです。


6.jpg


この記事でピックアップする箇所は、動画で言う所の0:13~0:16の三秒間です

シンクロニシティのMVの最初の部分、MVで言う所の0:00~0:10のこの部分で後ろに座っていた白石さんがから立ち上がって、前に出てきます。その時に、白石さんが歌って踊っている間の他のメンバーに注目して見ていただきたいのですが、座り方、見ている方向に全員統一感がありません。

普段、何か生活している間あるいは、ダンスの練習中や振り入れの段階では当たり前な情景ですが、カメラが回っている目の前で、さらに何か映像作品を作る時、これほど集中力の欠けた行動をとるとは思いません。

この一幕は、おそらく意図して別々の方向を向いているように思えます。

筆者は、この白石さんの役が初期の生駒さんの投影だと考えているので、この映像は生駒さんがセンターだった初期の頃のメンバーの様子だと推測しています。みんな別々の方向を向いていて、自分の夢のために、卒業してからのキャリアを築くための乃木坂を踏み台とする、AKB48がそのような状況であったので、自分を売るために必死な状況だったと考えられます。

具体的には飛鳥さんが足をいじっていたり、堀さんが手をいじっていたり、西野さんが髪を直す仕草を見せますね。

しかし、白石さんが先頭で踊り始めたら、ピンボケで大園さんが白石さんを見ている姿が映し出されていますね。おそらくこれは意図したものだと考えられます。その後、桜井さんが踊り始めてピントが桜井さんに移りますが、それと同時に大園さんのピントも合います。ここで本当にピントを合わせたかったのは、大園さんだと考えられます。

みんなが別々のことをしている中で、あえて踊っている人の方を見ることが自然だと考えにくいので、筆者はこの部分は初期の頃にはいなかった3期生の大園さんが他のメンバーへの「憧れ」を表現していると感じています。




「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /14 2018
更新日:2018年 4月 14日 (土)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいとお思います。
そのため、その解釈は間違えだと感じたら、無視していただいて構いません。


まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:不明(判明し次第記述します。) シライシ 紗トリ (更新日:2018/4/25 (水))
監督:池田一真
振付師:不明(判明し次第記述します。) Seishiro (更新日:2018/4/25 (水))

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。
乃木坂46以外のミュージシャンのPVやMVで使用されているものとしては、米津玄師さんの「Lemon」、宇多田ヒカルさんの「Forevermore」、大橋トリオさんの「東京ピエロ」など使用される機会が増えてきました。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

振付師に関してはまだ判明してませんが、インフルエンサーの振付に似たようなところも多いので、振付師はSeishiroさんだと個人的には感じています。確証はありません。 (更新日:2018/4/25 (水))

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

【目次】
1. ~0:37
2. 0:38~0:53
3. 0:54~1:56
4. 1:57~2:16
5. 2:17~2:54
6. 2:55~3:55
7. 3:55~


puzzle.jpg


1. ~0:37

イントロではみんな別々のことをしていて、一つの方向を見ていません。グループとして同じ方向を見ていなかった時のこと、あるいはみんな自分のことで精一杯だった頃の乃木坂46のメンバーを表しているのだと思います。
具体的には生田さんが足をいじっていたり、西野さんが手をいじっていたりしています。撮影中にそのような集中力のかけたことはしないと考えられるので、あえてそうしているように感じます。おそらく監督から好きなように動いてくれと頼まれたのではないかと推測できます。
ただし、大園さんだけは踊っている白石さんの後ろでじっと白石さんの方を見ています。恐らくは監督からの指示なのだと思われますが、白石さんが踊っている時ピンぼけで白石さんの方を見ている大園さんが映されています。そして、その後大園さんの後ろで踊り始める桜井さんとともにピントが合います。おそらくこの場面では「憧れ」を表しているように感じました。

2. 0:38~0:53

1回目のkeep goingと2回目のkeep goingを比べてみると、2回目のkeep goingの時の方が、座っているメンバーが踊っている人を見ている割合が高いです。これは、徐々にグループが一つにまとまってきているというのを表現しているのだと思います。

3. 0:54~1:56

二番が始まると白石さんが周りをキョロキョロしたり、戸惑うような表情を出します。ここでは見ず知らずの人、つまりメンバーや運営側ではないファンや乃木坂の名前だけ知っているような人たちのことを表していると思われます。おそらくここでの白石さんの役は初期の生駒さんを投影させているのだと考えられます。生駒さんの最初の頃の不安を表現しているのではないでしょうか。
「少しだけ〜」以降の歌詞では、メインボーカルが生駒さんになっているので、ここの歌詞は生駒さんに歌わせたかったものだろうと推測できます。つまり生駒さんの気持ちを代弁した歌詞になっています。
最後には、白石さんが突き飛ばされます。(自分で突っ込んで行ったのですが...)
しかし、不本意ながら集団の先頭に祭り上げられる生駒さんの辛さを表しているのだと思います。乃木坂初期の白石さんの立ち位置は常に二列目でした。
しかし、サビが始まると集団の中に入って一つになり、責任をみんなで持とうという意思の現れだと推測できます。

4. 1:57~2:16

「みんな〜」からの部分は生駒さんのソロダンスですが、生駒さんは歌っていません。メインのボーカルが生田さん→衛藤さんとなっています。このマスタリングはおそらく生駒さんに声をかけているようなイメージで作られていると思います。
生駒さんが両手を同時に下に勢いよく下げた振り付けのところは「怒り」を表していると思いますが、それに周りのメンバーがお腹を突き出すような振り付けをします。これを見た生駒さんが周りの人たちを半信半疑にみるような表情します。その後、「幸せ」を感じているような表情に変わります。
この十数秒で「怒り」、「疑い」、「幸せ」を表情だけで表現できるのはさすがとしか言えません。若月さんがいうように生駒さんは「表情おばけ」ですね。

5. 2:17~2:54

ここのサビでは、最初白石さんがソロのダンスですが、歌詞の「一緒に泣く」の部分で白石さんの後ろ姿だけが映されて、カメラの前から後ろ向きのまま消えて行きます。一人ではなくて一緒に誰かがいるということを表現しているものだと思いました。
そのあとに生駒さん、飛鳥さん、堀さんのペアと桜井さん、山下さん、与田さんのペアでダンスのシーンがあります。「命は美しい」の階段を降りて行くシーンの先頭にも生駒さんと桜井さんが登場していましたが、この二人が今までの乃木坂を引っ張ってきたのだと表現しているのだと思います。その二人プラス次世代のメンバーですね。
桜井さん、山下さん、与田さんが踊っている後ろで白石さんが見切れているのですが、見切れてるのに存在感凄すぎですね。いつかの生駒さんが「ピント間違ってますよ」と言ったのを思い出しました。原因は松村さんではなく、白石さんにあったみたいですね。

6. 2:55~3:55

静かなサビのところの歌詞で前の歌詞と同じ部分「きっと〜」からの「あるだろう」の歌詞を「あるあろう」と歌ってますね。1回目サビとは違って静かな雰囲気で、優しい感じを出したいため、少し舌ったらずに歌っているのだと思います。
また、「涙が溢れる」のところで全員が中心に向かってみるところがありますが、高山さんが西野さんを完全に笑かしにきてますね。それにつられて、白石さんが笑っているので、振り入れの段階からずっとやっているのだと思います。仲の良さが伺えますね。ちなみにこの時、飛鳥さんも高山さんの方を向いているので、その後の転調した大サビのところで笑ってしまっているのだと思われます。
しかし、これのおかげで今までは真剣にいい意味で硬い表情で歌っていたのが、大サビで笑顔の人が増えたことによって画面が華やかになりますね。

7. 3:55~

このシーン白石さん以外のメンバーは後ろ向いていますが、おそらく何人かのメンバーは笑っているのではないかと思っています。
白石さんが先頭で後ろの様子がわからないという不安を表していると思います。メンバーも全員後ろを向いてますが、白石さんに限らず先頭に立っている人間は自分より後ろにいる人が前を向いていようが後ろを向いていようがわからないという事実があります。観測するまでわかりません。シュレーディンガーの猫と同じです。白石さんのように先頭に立つ立場からすれば、その後ろの空間でみんなが後ろを向いているかもしれない不安が常につきまとうのです。




乃木ファン

たまたま見た乃木坂46・「命は美しい」のMusic Videoを見た時に映像作品に心が惹かれて、乃木オタになったバンドマンの成れの果て。