主旋律が裏拍ばっかり | シンクロニシティ楽曲解説 - 乃木坂46 音と映像の美学
FC2ブログ

主旋律が裏拍ばっかり | シンクロニシティ楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /17 2018
更新日:2018年4月17日 (火)

このページでは、歌詞は掲載していませんので、乃木坂46の「シンクロニシティ」の歌詞は別で要していただくか、暗記してから来ていただければ幸いです。


シンクロニシティの楽曲構成

イントロ→Aメロ→サビ後のメロディ→Aメロ→Bメロ→サビ→サビ後のメロディ→Aメロ→Bメロ→サビ→サビ後のメロディ→Cメロ→サビ→サビ後のメロディ→Aメロ


この曲なんか歌いにくいなと感じませんでしたか?
音楽を少しでもかじったことのある人は気づいたかもしれませんが、サビとCメロ以外の主旋律が全て裏拍から入っているのです。
今までこんな曲に出会ったことはありませんでした。勉強不足なだけでしょうか?

何を言っているかわからない方のために、できるだけわかりやすく解説していきます。主旋律が裏拍から入っているというのはどういうことか下の図を見てください。<パターン1>から見ていきます。


kana.png

曲に合わせて、1・2・3・4・5・6・7・8と1から8までの一括りを一小節というのですが、この楽曲の最初は前の小節の裏拍から入っているのです。「悲しい」と出だしが若干早いんですね。前の小説の八拍目の後ろ、今いる小説の一拍目の前から歌い出しがは閉まります。これを裏拍と言います。ちなみに表の拍は、歌詞で言う<パターン3>の「背中」から始まる所の「ドンッ・ドンッ・ドンッ」と低音のバスドラムが表の拍です。このバスドラムの音と音の間から主旋律が間に挟まってくるイメージです。餅つきで、ウスを下ろしていない方、餅に水をつけるようなイメージです。
この楽曲のほとんどは前の小節から入っており、常に生き急いでいるようなイメージを持たせています。

ちなみに<パターン2>では、前の小説の7拍目の後ろから入っています。


yoruno.png

そして、keep goingでは、前の小節の6拍目の後ろから入ります。どんどん主旋律が早く入ってきているんですね。

しかし、サビになると前の小節から入るのですが、裏拍から入らず、表の拍とシンクロニシティしてるんです。(言いたかっただけ…)


kittoda.png

サビでは
「誰だって〜」、「不意に〜」からは前の小説から入らず、1拍目の表の拍でちゃんと入るんです。今まで裏拍から入っていた分、気持ち悪さ(おそらくここではグループとしてバラバラだったのを一つにまとまると言うイメージだと個人的に感じています。)があった分、ここで揃うと無意識の中でも一気にスッキリした気持ちを感じさせることができます。

その後の<パターン4>の「ハモれ」では、「keep going」と同じメロディなのにも関わらず、7拍目の後ろから入ります。

もう一箇所、表の拍と一致させているところがあり、それが<パターン7>のおそらくCメロと言われる部分なんですね。ここも全て、表の拍の一拍目にきちんと主旋律を合わせてきています。

八拍目の後ろを「8裏」
七拍目の後ろを「7裏」
六拍目の後ろを「6裏」

として、もう一度、楽曲の構成を見てみましょう。


シンクロニシティの楽曲構成

【イントロ】
<イントロ> (2小節)

【Aメロ】
<パターン1 (Aメロ(1))> (2小節) 
悲〜 8裏
僕〜 8裏

<パターン2 (Aメロ(2))> (2小節) 
夜〜 7裏

<パターン3 (パターン1とは別のAメロ)> (2小節) 
背中〜 8裏
行く〜 8裏

<パターン2> (2小節)
雑踏〜 7裏

<パターン4 (サビ後と同じメロディ)> (4 小節) 
keep going 6裏
keep going 6裏

【Aメロ】
<パターン3> (2小節) 
すれ〜 8裏
事情〜 7裏

<パターン3> (2小節) 
少し〜 8裏
信号〜 7裏
【Bメロ】
<パターン5 (Bメロ)> (2 小節) 
この〜 7裏
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8 小節) 
きっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
誰〜 1 (表)
不意〜 1 (表)
理由〜 8裏
涙〜 8裏
それは 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
そば〜 1 (表)
言葉〜 1 (表)
心〜 8裏
愛〜 8裏

<パターン4> (4 小節)
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏

【Aメロ】
<パターン3> (2小節)
みんな〜 8裏
思って〜 7裏

<パターン3> (2小節)
近〜 8裏
世界〜 7裏
【Bメロ】
<パターン5 (Bメロ)> (2小節) 
遠〜 7裏
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8小節) 
だから 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
一人〜 1 (表)
突然〜 1 (表)
一緒〜 8裏
乗り〜 8裏
ずっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
お互い〜 1 (表)
いつしか〜 1 (表)
横断歩道〜 8裏
他人〜 8裏

<パターン4> (2小節)
偶然〜 7裏

【サビ】
<パターン7> (4 小節)
#転調#
抱え〜
胸〜
なった
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8小節)
きっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
誰〜 1 (表)
不意〜 1 (表)
理由〜 8裏
涙〜 8裏
それは 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
そば〜 1 (表)
言葉〜 1 (表)
心〜 8裏
愛〜 8裏


<パターン4> (2小節)
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏
#転調終了#

Aメロ
<パターン1 (Aメロ(1)> (2小節)
泣〜 8裏
僕〜 8裏

<パターン2 (Aメロ(2))> (2小節)
何も〜 7裏


ちなみに、<パターン4>の偶然のところが一回だった文をを最後の<パターン4>で3回にして、伏線を回収していますね。

コメント

非公開コメント

乃木ファン

たまたま見た乃木坂46・「命は美しい」のMusic Videoを見た時に映像作品に心が惹かれて、乃木オタになったバンドマンの成れの果て。