既聴感・デジャブの正体 | 「シンクロニシティ」楽曲解説 - 乃木坂46 音と映像の美学
FC2ブログ

既聴感・デジャブの正体 | 「シンクロニシティ」楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /25 2018
更新日:2018年 4月 25日 (水)

本サイトの楽曲解説では個人的に面白いと思った、主観的な目線からの解説のため、勉強不足の部分を指摘していただければ思います。

まずは前提条件ですが、

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
MV監督:池田一真
振付師:Seishiro

シライシ 紗トリさんは、乃木坂46では「狼に口笛を」、「音の出ないギター」を担当しており、ほかにも欅坂46の「風に吹かれても」など、48グループの楽曲も担当している方です。

どちらかというと、かっこい系のポップスあるいはロック系の曲を得意としている方だと思っていたので、この作曲者は意外でした。「シンクロニシティ」は爽やかで、清楚なイメージですよね?人によって、感じ方は違うと思いますが、個人的にはどこか切なさも感じさせてくれるのですが…


puzzle.jpg


タイトルの「既聴感」、こんな言葉は存在しませんが既視感・あるいはデジャブの耳バージョンだと思って許してください。

今回、ピックアップする部分は、歌詞で言う所の「背中丸め俯いて」だけです。





この部分を初めて聞いた時、どこか聞いたことあるような、ああこういうメロディだろうなとか、あるいは、デジャブに似た感じを感じませんでしたか?私は感じませんでした笑

しかし、違和感は感じていました。どこか騙されているような、気持ち悪さ・すんなり受け取ってしまってはいけないような義務感を感じました。それで、その原因が「既聴感」だったんですね。

この「背中丸め」のメロディと同じ音がずっと最初からなっていたんです。





このC3の「ド」の音がイントロからずっと流れていたんです。
そのせいで、この部分にデジャブを感じさせ、あるいは無意識の中で、そこにずっといるのが当たり前でグループを後ろから支えていて、時々先頭に立って主旋律として輝く、生駒さんのような…
すみません。この部分は完全に主観です笑

しかし、「少しだけこの痛みを感じてくれないか〜」の歌詞の部分で、生駒さんがメインボーカルになるので、あながちこの主観は間違いではなく、曲をマスタリングした人の意図したものかもしれません。確かめようはありませんが。





コメント

非公開コメント

乃木ファン

たまたま見た乃木坂46・「命は美しい」のMusic Videoを見た時に映像作品に心が惹かれて、乃木オタになったバンドマンの成れの果て。