切なさの演出 |「シンクロニシティ」楽曲解説 - 乃木坂46 音と映像の美学
FC2ブログ

切なさの演出 |「シンクロニシティ」楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /25 2018
更新日:2018年 4月 25日 (水)

本サイトの楽曲解説では個人的に面白いと思った、主観的な目線からの解説のため、勉強不足の部分を指摘していただければ思います。

まずは前提条件ですが、

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
MV監督:池田一真
振付師:Seishiro

シライシ 紗トリさんは、乃木坂46では「狼に口笛を」、「音の出ないギター」を担当しており、ほかにも欅坂46の「風に吹かれても」など、48グループの楽曲も担当している方です。

どちらかというと、かっこい系のポップスあるいはロック系の曲を得意としている方だと思っていたので、この作曲者は意外でした。「シンクロニシティ」は爽やかで、清楚なイメージですよね?人によって、感じ方は違うと思いますが、個人的にはどこか切なさも感じさせてくれるのですが…


last_piece.jpg


もちろん、生駒さんが最後の楽曲ということもあり、立ち位置的にもセンターの後ろさらには、MVの中にも生駒さんが目立つ場面が散りばめられているので、名残惜しさを感じるのはそのせいだという可能性もありますが、楽曲単体を聞いても何と無く切なさを感じました。
その理由について解説しています。





これは楽曲の最後の部分です。なんか若干違うというのは許してください。簡易的に作成したものですので…

普通の楽曲と違うところに気づきませんでしたか?

この楽曲、悪い言い方をしてしまえば間延びしてしまっているのです。普通、楽曲の最後にAメロを持ってくる場合、主旋律の音以外が消えるはずなのです。





上記のaudioファイルのように、他の音が全て消えて楽曲が終了するはずなのに、何と無くこれからも続きそうなそんな雰囲気を持たせています。これが切なさの原因です。

既聴感・デジャブの正体 | 「シンクロニシティ」楽曲解説
でも、解説したのですが、ここでも「既聴感」を感じさせています。ただし、ここでは逆に「背中丸め〜」からのメロディが来そうなのに来ないんです。
今まではあったものがなくなってしまう。「卒業」というキーワードを楽曲の中で表現している部分だと思います。

さらに詳しく言うと、「背中丸め〜」でなっていた音は正確にはなっています。



しかし、今まで存在していた主旋律が存在しなくなってしまうのです。楽曲の「主旋律」と言うのが、乃木坂の「生駒さん」と言う表現をしていると考えると、考え深いですね。
それは言い過ぎなのかもしれませんが、少なくとも初期の頃はそう言う扱いを受けていたと個人的には思います。。。







コメント

非公開コメント

乃木ファン

たまたま見た乃木坂46・「命は美しい」のMusic Videoを見た時に映像作品に心が惹かれて、乃木オタになったバンドマンの成れの果て。