- 乃木坂46 音と映像の美学
FC2ブログ

切なさの演出 |「シンクロニシティ」楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /25 2018
更新日:2018年 4月 25日 (水)

本サイトの楽曲解説では個人的に面白いと思った、主観的な目線からの解説のため、勉強不足の部分を指摘していただければ思います。

まずは前提条件ですが、

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
MV監督:池田一真
振付師:Seishiro

シライシ 紗トリさんは、乃木坂46では「狼に口笛を」、「音の出ないギター」を担当しており、ほかにも欅坂46の「風に吹かれても」など、48グループの楽曲も担当している方です。

どちらかというと、かっこい系のポップスあるいはロック系の曲を得意としている方だと思っていたので、この作曲者は意外でした。「シンクロニシティ」は爽やかで、清楚なイメージですよね?人によって、感じ方は違うと思いますが、個人的にはどこか切なさも感じさせてくれるのですが…


last_piece.jpg


もちろん、生駒さんが最後の楽曲ということもあり、立ち位置的にもセンターの後ろさらには、MVの中にも生駒さんが目立つ場面が散りばめられているので、名残惜しさを感じるのはそのせいだという可能性もありますが、楽曲単体を聞いても何と無く切なさを感じました。
その理由について解説しています。





これは楽曲の最後の部分です。なんか若干違うというのは許してください。簡易的に作成したものですので…

普通の楽曲と違うところに気づきませんでしたか?

この楽曲、悪い言い方をしてしまえば間延びしてしまっているのです。普通、楽曲の最後にAメロを持ってくる場合、主旋律の音以外が消えるはずなのです。





上記のaudioファイルのように、他の音が全て消えて楽曲が終了するはずなのに、何と無くこれからも続きそうなそんな雰囲気を持たせています。これが切なさの原因です。

既聴感・デジャブの正体 | 「シンクロニシティ」楽曲解説
でも、解説したのですが、ここでも「既聴感」を感じさせています。ただし、ここでは逆に「背中丸め〜」からのメロディが来そうなのに来ないんです。
今まではあったものがなくなってしまう。「卒業」というキーワードを楽曲の中で表現している部分だと思います。

さらに詳しく言うと、「背中丸め〜」でなっていた音は正確にはなっています。



しかし、今まで存在していた主旋律が存在しなくなってしまうのです。楽曲の「主旋律」と言うのが、乃木坂の「生駒さん」と言う表現をしていると考えると、考え深いですね。
それは言い過ぎなのかもしれませんが、少なくとも初期の頃はそう言う扱いを受けていたと個人的には思います。。。







既聴感・デジャブの正体 | 「シンクロニシティ」楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /25 2018
更新日:2018年 4月 25日 (水)

本サイトの楽曲解説では個人的に面白いと思った、主観的な目線からの解説のため、勉強不足の部分を指摘していただければ思います。

まずは前提条件ですが、

作詞:秋元康
作曲:シライシ 紗トリ
MV監督:池田一真
振付師:Seishiro

シライシ 紗トリさんは、乃木坂46では「狼に口笛を」、「音の出ないギター」を担当しており、ほかにも欅坂46の「風に吹かれても」など、48グループの楽曲も担当している方です。

どちらかというと、かっこい系のポップスあるいはロック系の曲を得意としている方だと思っていたので、この作曲者は意外でした。「シンクロニシティ」は爽やかで、清楚なイメージですよね?人によって、感じ方は違うと思いますが、個人的にはどこか切なさも感じさせてくれるのですが…


puzzle.jpg


タイトルの「既聴感」、こんな言葉は存在しませんが既視感・あるいはデジャブの耳バージョンだと思って許してください。

今回、ピックアップする部分は、歌詞で言う所の「背中丸め俯いて」だけです。





この部分を初めて聞いた時、どこか聞いたことあるような、ああこういうメロディだろうなとか、あるいは、デジャブに似た感じを感じませんでしたか?私は感じませんでした笑

しかし、違和感は感じていました。どこか騙されているような、気持ち悪さ・すんなり受け取ってしまってはいけないような義務感を感じました。それで、その原因が「既聴感」だったんですね。

この「背中丸め」のメロディと同じ音がずっと最初からなっていたんです。





このC3の「ド」の音がイントロからずっと流れていたんです。
そのせいで、この部分にデジャブを感じさせ、あるいは無意識の中で、そこにずっといるのが当たり前でグループを後ろから支えていて、時々先頭に立って主旋律として輝く、生駒さんのような…
すみません。この部分は完全に主観です笑

しかし、「少しだけこの痛みを感じてくれないか〜」の歌詞の部分で、生駒さんがメインボーカルになるので、あながちこの主観は間違いではなく、曲をマスタリングした人の意図したものかもしれません。確かめようはありませんが。





主旋律が裏拍ばっかり | シンクロニシティ楽曲解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /17 2018
更新日:2018年4月17日 (火)

このページでは、歌詞は掲載していませんので、乃木坂46の「シンクロニシティ」の歌詞は別で要していただくか、暗記してから来ていただければ幸いです。


シンクロニシティの楽曲構成

イントロ→Aメロ→サビ後のメロディ→Aメロ→Bメロ→サビ→サビ後のメロディ→Aメロ→Bメロ→サビ→サビ後のメロディ→Cメロ→サビ→サビ後のメロディ→Aメロ


この曲なんか歌いにくいなと感じませんでしたか?
音楽を少しでもかじったことのある人は気づいたかもしれませんが、サビとCメロ以外の主旋律が全て裏拍から入っているのです。
今までこんな曲に出会ったことはありませんでした。勉強不足なだけでしょうか?

何を言っているかわからない方のために、できるだけわかりやすく解説していきます。主旋律が裏拍から入っているというのはどういうことか下の図を見てください。<パターン1>から見ていきます。


kana.png

曲に合わせて、1・2・3・4・5・6・7・8と1から8までの一括りを一小節というのですが、この楽曲の最初は前の小節の裏拍から入っているのです。「悲しい」と出だしが若干早いんですね。前の小説の八拍目の後ろ、今いる小説の一拍目の前から歌い出しがは閉まります。これを裏拍と言います。ちなみに表の拍は、歌詞で言う<パターン3>の「背中」から始まる所の「ドンッ・ドンッ・ドンッ」と低音のバスドラムが表の拍です。このバスドラムの音と音の間から主旋律が間に挟まってくるイメージです。餅つきで、ウスを下ろしていない方、餅に水をつけるようなイメージです。
この楽曲のほとんどは前の小節から入っており、常に生き急いでいるようなイメージを持たせています。

ちなみに<パターン2>では、前の小説の7拍目の後ろから入っています。


yoruno.png

そして、keep goingでは、前の小節の6拍目の後ろから入ります。どんどん主旋律が早く入ってきているんですね。

しかし、サビになると前の小節から入るのですが、裏拍から入らず、表の拍とシンクロニシティしてるんです。(言いたかっただけ…)


kittoda.png

サビでは
「誰だって〜」、「不意に〜」からは前の小説から入らず、1拍目の表の拍でちゃんと入るんです。今まで裏拍から入っていた分、気持ち悪さ(おそらくここではグループとしてバラバラだったのを一つにまとまると言うイメージだと個人的に感じています。)があった分、ここで揃うと無意識の中でも一気にスッキリした気持ちを感じさせることができます。

その後の<パターン4>の「ハモれ」では、「keep going」と同じメロディなのにも関わらず、7拍目の後ろから入ります。

もう一箇所、表の拍と一致させているところがあり、それが<パターン7>のおそらくCメロと言われる部分なんですね。ここも全て、表の拍の一拍目にきちんと主旋律を合わせてきています。

八拍目の後ろを「8裏」
七拍目の後ろを「7裏」
六拍目の後ろを「6裏」

として、もう一度、楽曲の構成を見てみましょう。


シンクロニシティの楽曲構成

【イントロ】
<イントロ> (2小節)

【Aメロ】
<パターン1 (Aメロ(1))> (2小節) 
悲〜 8裏
僕〜 8裏

<パターン2 (Aメロ(2))> (2小節) 
夜〜 7裏

<パターン3 (パターン1とは別のAメロ)> (2小節) 
背中〜 8裏
行く〜 8裏

<パターン2> (2小節)
雑踏〜 7裏

<パターン4 (サビ後と同じメロディ)> (4 小節) 
keep going 6裏
keep going 6裏

【Aメロ】
<パターン3> (2小節) 
すれ〜 8裏
事情〜 7裏

<パターン3> (2小節) 
少し〜 8裏
信号〜 7裏
【Bメロ】
<パターン5 (Bメロ)> (2 小節) 
この〜 7裏
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8 小節) 
きっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
誰〜 1 (表)
不意〜 1 (表)
理由〜 8裏
涙〜 8裏
それは 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
そば〜 1 (表)
言葉〜 1 (表)
心〜 8裏
愛〜 8裏

<パターン4> (4 小節)
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏

【Aメロ】
<パターン3> (2小節)
みんな〜 8裏
思って〜 7裏

<パターン3> (2小節)
近〜 8裏
世界〜 7裏
【Bメロ】
<パターン5 (Bメロ)> (2小節) 
遠〜 7裏
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8小節) 
だから 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
一人〜 1 (表)
突然〜 1 (表)
一緒〜 8裏
乗り〜 8裏
ずっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
お互い〜 1 (表)
いつしか〜 1 (表)
横断歩道〜 8裏
他人〜 8裏

<パターン4> (2小節)
偶然〜 7裏

【サビ】
<パターン7> (4 小節)
#転調#
抱え〜
胸〜
なった
【サビ】
<パターン6 (サビ)> (8小節)
きっと 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
誰〜 1 (表)
不意〜 1 (表)
理由〜 8裏
涙〜 8裏
それは 6, 7 ,8 (前の小節の表の拍)
そば〜 1 (表)
言葉〜 1 (表)
心〜 8裏
愛〜 8裏


<パターン4> (2小節)
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏
ハモれ 7裏
#転調終了#

Aメロ
<パターン1 (Aメロ(1)> (2小節)
泣〜 8裏
僕〜 8裏

<パターン2 (Aメロ(2))> (2小節)
何も〜 7裏


ちなみに、<パターン4>の偶然のところが一回だった文をを最後の<パターン4>で3回にして、伏線を回収していますね。

「シンクロニシティ」MV解説

20thシングル「シンクロニシティ」
04 /14 2018
更新日:2018年 4月 14日 (土)

当解説は筆者の主観が大いに入っているため、読者の皆さんの解釈と照らし合わせて、賛同していただける部分が一つでも多くあればいいとお思います。
そのため、その解釈は間違えだと感じたら、無視していただいて構いません。


まずは、前提情報から説明していきます。

作詞:秋元康
作曲:不明(判明し次第記述します。) シライシ 紗トリ (更新日:2018/4/25 (水))
監督:池田一真
振付師:不明(判明し次第記述します。) Seishiro (更新日:2018/4/25 (水))

ダンスのジャンルに関しては、今は流行中のコンテンポラリー・ダンスです。
乃木坂46以外のミュージシャンのPVやMVで使用されているものとしては、米津玄師さんの「Lemon」、宇多田ヒカルさんの「Forevermore」、大橋トリオさんの「東京ピエロ」など使用される機会が増えてきました。

コンテンポラリー・ダンスとは...
"フランス語の「ダンス・コンテンポランヌ」の英訳語。1960年代以降の前衛的なダンスがルーツ。現在のコンテンポラリー・ダンスと言われているものは1980年代前半のフランスが発祥。"
引用:Wikipedia

初期の乃木坂はフランスをイメージした、フレンチ・ポップを意識した楽曲を多く使用していたこともあり、コンテンポラリー・ダンスを採用したとも考えられますね。

振付師に関してはまだ判明してませんが、インフルエンサーの振付に似たようなところも多いので、振付師はSeishiroさんだと個人的には感じています。確証はありません。 (更新日:2018/4/25 (水))

監督は池田一真監督です。乃木坂46の楽曲でいえば、「制服のマネキン」、「扇風機」、「孤独兄弟」のMVを手がけている監督です。生駒さんが最後の楽曲なので、乃木坂の代表曲の一つである「制服のマネキン」に合わせたのかもしれません。

【目次】
1. ~0:37
2. 0:38~0:53
3. 0:54~1:56
4. 1:57~2:16
5. 2:17~2:54
6. 2:55~3:55
7. 3:55~


puzzle.jpg


1. ~0:37

イントロではみんな別々のことをしていて、一つの方向を見ていません。グループとして同じ方向を見ていなかった時のこと、あるいはみんな自分のことで精一杯だった頃の乃木坂46のメンバーを表しているのだと思います。
具体的には生田さんが足をいじっていたり、西野さんが手をいじっていたりしています。撮影中にそのような集中力のかけたことはしないと考えられるので、あえてそうしているように感じます。おそらく監督から好きなように動いてくれと頼まれたのではないかと推測できます。
ただし、大園さんだけは踊っている白石さんの後ろでじっと白石さんの方を見ています。恐らくは監督からの指示なのだと思われますが、白石さんが踊っている時ピンぼけで白石さんの方を見ている大園さんが映されています。そして、その後大園さんの後ろで踊り始める桜井さんとともにピントが合います。おそらくこの場面では「憧れ」を表しているように感じました。

2. 0:38~0:53

1回目のkeep goingと2回目のkeep goingを比べてみると、2回目のkeep goingの時の方が、座っているメンバーが踊っている人を見ている割合が高いです。これは、徐々にグループが一つにまとまってきているというのを表現しているのだと思います。

3. 0:54~1:56

二番が始まると白石さんが周りをキョロキョロしたり、戸惑うような表情を出します。ここでは見ず知らずの人、つまりメンバーや運営側ではないファンや乃木坂の名前だけ知っているような人たちのことを表していると思われます。おそらくここでの白石さんの役は初期の生駒さんを投影させているのだと考えられます。生駒さんの最初の頃の不安を表現しているのではないでしょうか。
「少しだけ〜」以降の歌詞では、メインボーカルが生駒さんになっているので、ここの歌詞は生駒さんに歌わせたかったものだろうと推測できます。つまり生駒さんの気持ちを代弁した歌詞になっています。
最後には、白石さんが突き飛ばされます。(自分で突っ込んで行ったのですが...)
しかし、不本意ながら集団の先頭に祭り上げられる生駒さんの辛さを表しているのだと思います。乃木坂初期の白石さんの立ち位置は常に二列目でした。
しかし、サビが始まると集団の中に入って一つになり、責任をみんなで持とうという意思の現れだと推測できます。

4. 1:57~2:16

「みんな〜」からの部分は生駒さんのソロダンスですが、生駒さんは歌っていません。メインのボーカルが生田さん→衛藤さんとなっています。このマスタリングはおそらく生駒さんに声をかけているようなイメージで作られていると思います。
生駒さんが両手を同時に下に勢いよく下げた振り付けのところは「怒り」を表していると思いますが、それに周りのメンバーがお腹を突き出すような振り付けをします。これを見た生駒さんが周りの人たちを半信半疑にみるような表情します。その後、「幸せ」を感じているような表情に変わります。
この十数秒で「怒り」、「疑い」、「幸せ」を表情だけで表現できるのはさすがとしか言えません。若月さんがいうように生駒さんは「表情おばけ」ですね。

5. 2:17~2:54

ここのサビでは、最初白石さんがソロのダンスですが、歌詞の「一緒に泣く」の部分で白石さんの後ろ姿だけが映されて、カメラの前から後ろ向きのまま消えて行きます。一人ではなくて一緒に誰かがいるということを表現しているものだと思いました。
そのあとに生駒さん、飛鳥さん、堀さんのペアと桜井さん、山下さん、与田さんのペアでダンスのシーンがあります。「命は美しい」の階段を降りて行くシーンの先頭にも生駒さんと桜井さんが登場していましたが、この二人が今までの乃木坂を引っ張ってきたのだと表現しているのだと思います。その二人プラス次世代のメンバーですね。
桜井さん、山下さん、与田さんが踊っている後ろで白石さんが見切れているのですが、見切れてるのに存在感凄すぎですね。いつかの生駒さんが「ピント間違ってますよ」と言ったのを思い出しました。原因は松村さんではなく、白石さんにあったみたいですね。

6. 2:55~3:55

静かなサビのところの歌詞で前の歌詞と同じ部分「きっと〜」からの「あるだろう」の歌詞を「あるあろう」と歌ってますね。1回目サビとは違って静かな雰囲気で、優しい感じを出したいため、少し舌ったらずに歌っているのだと思います。
また、「涙が溢れる」のところで全員が中心に向かってみるところがありますが、高山さんが西野さんを完全に笑かしにきてますね。それにつられて、白石さんが笑っているので、振り入れの段階からずっとやっているのだと思います。仲の良さが伺えますね。ちなみにこの時、飛鳥さんも高山さんの方を向いているので、その後の転調した大サビのところで笑ってしまっているのだと思われます。
しかし、これのおかげで今までは真剣にいい意味で硬い表情で歌っていたのが、大サビで笑顔の人が増えたことによって画面が華やかになりますね。

7. 3:55~

このシーン白石さん以外のメンバーは後ろ向いていますが、おそらく何人かのメンバーは笑っているのではないかと思っています。
白石さんが先頭で後ろの様子がわからないという不安を表していると思います。メンバーも全員後ろを向いてますが、白石さんに限らず先頭に立っている人間は自分より後ろにいる人が前を向いていようが後ろを向いていようがわからないという事実があります。観測するまでわかりません。シュレーディンガーの猫と同じです。白石さんのように先頭に立つ立場からすれば、その後ろの空間でみんなが後ろを向いているかもしれない不安が常につきまとうのです。




当サイトについて

ホーム
04 /13 2018
当サイトは乃木坂46の楽曲・ミュージックビデオの解説をするサイトです。

楽曲

音楽

楽曲に関しては、音楽的知識を解剖していきます。例えば、斬新な主旋律、ギターベース、ドラムなど特に他の楽曲とは違う部分をピックアップして解説するため、音楽に携わったことのない方には少し難しいかもしれませんが、できる限り専門的な用語を使用せずに解説していきたいと思います。



MV

映像

乃木坂46のMV(ミュージックビデオ)はPV(プロモーションビデオ)と言わずに、MVというところから見て、その動画自体に価値を見出そうとしていることが見受けられます。

乃木坂46の多くの楽曲がYoutubeでフルバージョンで公開していないところを見ると、やはりそれ自体に力を入れている単なる楽曲の宣伝ではないと示していると思います。

また、乃木坂のMVをたどっていくと、その時にどのようなことがあったか、内部でどのような騒動が起こったかわかるようになっていると個人的には感じています。

MVに関しては、筆者の主観が多少含まれる部分があるため、賛否両論あると思いますが、読者の方々の解釈の手がかりになればいいと思っております。


※当サイトでは著作権の関係上乃木坂46のメンバーの画像および歌詞の掲載を致しません。


また、当サイトに掲載された引用元のない画像は全てPixabayの画像を使用しております。

乃木ファン

たまたま見た乃木坂46・「命は美しい」のMusic Videoを見た時に映像作品に心が惹かれて、乃木オタになったバンドマンの成れの果て。